レンジフードのRH-75HDが爆音になったのでモーターを分解してベアリングを交換した

モーターを調べてみる

今度の爆音はクリナップのレンジフード「RH-75HD」のモーター。 風切り音以外の何かがうるさい。 洗濯機のようにモーターユニットを丸ごと換えられれば楽なのだが…と思い、まずはモーターの型番を確認する。

モーターユニットごと交換できると楽なのだが…

UF4T-41CP-C

型番 UF4T-41CP-C が分かっても、部品で買えない。同仕様のものを見つけようとしたが、うまくいかなかった。レンジフードごと買うのは可能だが、いかんせん無駄すぎる。 レンジフードのモーターは入手性がよろしくない。

先人の対策を検索すると、ベアリングの交換でしのげるらしい。 ならば小手先、ベアリングの交換だ!

工具を入手

ベアリングの交換でハマるのは、圧入してあるベアリングをいかに外すか。安全に引き抜くにはベアリングプーラー、ないしはギアプーラーが必要になる。そこでAmazonで良さげなものを物色して購入する。

ところがこのプーラー、爪が大きすぎてベアリングと回転子の間に入らない。結局、ペンチとスパナをてこにして外した。どうせ壊れているものを外すので、支点になる部分が欠けたり曲がったりしなければよい。

さて外すのは簡単だが、入れるのは大変だ。モーターの軸にベアリングを打ち込む際に、ベアリング全体に均一に負荷をかける冶具が必要になる。

ネットの使用例で多いのは塩ビのパイプ。ただベアリングの内枠と外枠の両方を同時に押さないとボールの破損につながる。ベアリングの潤滑剤を封じてあるシーリングのカバーに打ち込むのはもってのほかだ。なので砂や鉄球の重みで圧力をかけるショックレスハンマーも買っておく。

ベアリングを入手

UF4T-41CP-C に付いていたベアリングの型番を確認すると、元から付いているのはNSKの6201ZZだった。先達の皆さんが6200ZZなので、危うく先走って買ってしまうところだった。基本をおろそかにせず、実際に型番を確認してから買おう。

新品のベアリングは、外したベアリングを冶具にしてショックレスハンマーで優しく大胆に打ち込むとすんなり入った。本当は専用器具による圧入が望ましい。ボールベアリングは外側と内側をボールで支える構造なので、どちらかに力が偏って加わるとあっという間に傷がつく。

ベアリングを付けた後にモーターを回してみて、ちょっとでも異音がすればそのベアリングはもう死んでいる。手回しでしばらく回り続けないならもうダメ。なるべく交換用ベアリングの予備を買っておきたい。圧入に失敗した際の絶望感が減るだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました