アニメ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

俺ガイル完 最終回 第12話「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」ネタバレ感想

ついに俺ガイル完。が全力のハッピーエンド、第12話で最終回を迎えた。制作会社が異なる第1期からの伏線が見事に回収され、ともすればやりきれなさが残る原作を昇華し、最高のエンディングを見せてくれた。
SAOアリシゼーションWoU

SAO アリシゼーション WoU 第23話 最終回「ニューワールド」ネタバレ感想 新世界

SAO アリシゼーション WoU 第23話 「ニューワールド」は、キリトとアリスの大団円に全力。アスナの存在感は控えめに、だが直葉の存在感は凄い、という仕上がりに。結局、ニューワールドとは何だったのか。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

俺ガイル完 第11話「想いは、触れた熱だけが確かに伝えている。」ネタバレ感想

俺ガイル完の第11話は、八幡が「本物」を手に入れる回だ。本物とはゴールではなく過程であって、それは人の言葉や仕草、表情で紡がれるものだ。映像でしか描けない本物ってやつを見せてやりますよ、と言わんばかりの神回だった。
SAOアリシゼーションWoU

SAO アリシゼーション WoU 第22話「アリス」ネタバレ感想 アリス

SAO アリシゼーション WoU 第22話「アリス」は、某ゲームでも空気を変えた「愛を語るAI」、エンディング・テーマの「I will...」を生かした特殊エンディングと、もはやバトルシーン以上に震えがくる神回だ。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

俺ガイル完 第10話「颯爽と、平塚静は前を歩く。」ネタバレ感想

俺ガイル完 第10話は、雪ノ下との関わり方の変容を八幡のため息の変化でまとめてみせた、次回からの急展開へのエネルギーを溜める慎重な中継ぎ回だった。細かく見れば見るほど、しっかりとした構造が浮かび上がってくる。
SAOアリシゼーションWoU

SAO アリシゼーション WoU 第21話「時の彼方」ネタバレ感想 歓喜のCパート

タイトルが「時の彼方」なんですが、それが指し示すシーンはAパートでもBパートでも出てこない。なんとエンディング後のCパートが本番な変則回だった。エピローグ1、というところか。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

俺ガイル完 第9話「きっと、その香りをかぐたびに、思い出す季節がある。」ネタバレ感想

俺ガイル完 第9話は、小町をダシに由比ヶ浜の願い事をかなえる八幡と、その欺瞞にくぎを刺すあーしさんを、きめ細かなカット割りで繊細に見せていく神回だった。いつも神回言ってるけど、今回は主神。ゼウス級である。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

俺ガイル完 第8話「せめて、もうまちがえたくないと願いながら。」ネタバレ感想

俺ガイル完 第8話「せめて、もうまちがえたくないと願いながら。」のネタバレ感想。一気に14巻の冒頭にまで話を進める、「転」の回を考察。
SAOアリシゼーションWoU

SAO アリシゼーション WoU 第20話「夜空の剣」ネタバレ感想 慈愛

SAO アリシゼーション WoU 第20話「夜空の剣」は、キリト vs. ガブリエル戦の中で明かされる各ヒロインの想いを、言葉ではなく気合の入った作画で魅せる神回だった。
SAOアリシゼーションWoU

SAO アリシゼーション WoU 第19話「覚醒」ネタバレ感想 キリト無双

SAO アリシゼーション WoU 第19話「覚醒」は、復活したキリトのヴァサゴとの戦闘シーンが中心のバトル回。アスナとのある重要なやり取りが割愛されていた。
タイトルとURLをコピーしました