映像

アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第22話 「採掘場からの脱出」ネタバレ感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOアニメ版、第22話は一面の砂漠とガーゼルの塔、そして強制労働という絶望からの脱出を描く回。原作から離れた展開になった途端に面白くなるのつらい。
アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第21話 「悪魔の支配する採掘場」ネタバレ感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOアニメ版、第21話は異世界編の新キャラを一通り出した後に、過酷な環境の中で脱出を諦めないたくやとその仲間を描く回だった…はずだが悪魔はタイトル詐欺だし絶望感もほとんど無い。綺麗に話が進んでいく。せめて髪と髭を伸ばそうよ…
アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第20話 「ラファエロ砂漠へ」ネタバレ感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOアニメ版、20話はいよいよ現代編とのリンクが始まる。原作では弱かったたくやが帝都を目指す動機が、神奈ちゃんシナリオの延長線であるところのアニメ版ではうまく補強されていた。
アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第19話 「親子の絆」ネタバレ感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOアニメ版、18話は作品タイトルの伏線回収が始まる。ユーノの登場だ。視聴者にとってユーノは初見ではないはずだが、丁寧すぎる回想で念押ししてくる。親切というか馬鹿にしているというか、終盤のセンスオブワンダーをあえて狙っていない作りが残念だ。
アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第18話 「デラ=グラントの黄昏」ネタバレ感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOアニメ版、異世界編の初回となる18話は、たくやが謎大陸のデラ=グラントで巫女セーレスと出会い、人生を手に入れる回である。国歌はまだない。
アニメ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第17.5話 特別編「真実は並列世界の果てに~新たなる旅立ちへ~」ネタバレ感想

YU-NOアニメ版、17話で神奈ルートを神回として終え、さていよいよ、と思ったら17.5話で総集編だった。だがただの総集編にあらず。単なるリソース温存ではなく、転回点となるシナリオの一部を先行公開するという策で度肝を抜いてきた。
アニメ

「天気の子」ネタバレ感想 すべてが氷解する仕掛けを考察

新海誠監督「天気の子」のネタバレあり感想と考察。やれゼロ年代だやれ原作エロゲはどこだなどというひどいネタバレ圧に耐えられなくなったので観てきたところ、描きたいものを磨き上げて書く、余計な回り道はご都合主義でねじ伏せるという、完全に調和の取れた一点突破型の熊の木彫りのような作品だった。
映像

『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』ポケモン映画 100分の謎

今年は子らが興味を失いつつあり、上映終了に向けてどんどんスクリーンが小さくなる中、ほぼギリギリでの鑑賞となった。だが初期3作に似たチャレンジングな作風で、これは観ておいてよかった、という思いを胸に劇場を後にした。 みんなの物語。そのタイトル通り、群像劇で攻めてきた。舞台は、風力発電を...
映像

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のポイント

DAOKO×米津玄師の『打上花火』を聴くたびに思い出すこの一作。まあ主題歌は瑠璃色の地球だけれども。 機上で観たときはあまり気にならなかったが、線路のポイント描写がおかしい。分岐を描く作品なのに。このポイントだと、脱線するからね。 ありえない分岐を越えた…みたいな演出ならまともな乗越分...
映像

DDLCことDoki Doki Literature Club!

自殺を誘引したというフェイクニュースで再度バズった、DDLCこと「Doki Doki Literature Club!」。だいぶ前に英語でやったときは1週目で挫折していたのだけれど、久しぶりにのぞいてみたら日本語化パッチが公認非公式で手に入るようになっていた。だがしかし… さてネタバレです。...
タイトルとURLをコピーしました