この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第19話 「親子の絆」ネタバレ感想

アニメ

YU-NOアニメ版、異世界編に入って2話目でタイトルの伏線回収が始まる。丁寧すぎる回想で親切というか馬鹿にしているというか、終盤のセンスオブワンダーをあえて狙っていない作りだ。

喪失感を高めるための愛情回

前回の18話では、帝都への道を阻むラファエロ砂漠の過酷さが描かれた。

今回は、ラファエロ砂漠を越える方策を考えあぐねるたくやの焦りと、その焦燥を癒やすセーレスとユーノが緩急をつけて描かれる。

人生

そう、名前をユーノにしたセーレスとたくや。ここで第1回の回想シーンが入る。何という親切設計。

「ユーノは…」

回想しておいて「これも不思議な縁ってやつなのかな…」と述懐するたくや。いやいやいや。君、頭が回る方でしょう。たくやも観ている側もぼんやりさんの設定です。

ユーノは生後3ヶ月で走り始め、半年で言葉を話し始める。4年目で16歳程度の見た目に。デラ=グラント人の成長速度に驚くたくや。

ユーノとクンクン

ある日、手負いの有翼人に襲われるたくや。ドラゴンっぽい子供を守ろうとしたらしい。有翼人さん、帝都兵から逃げ出したものの、瀕死の状態でたくやの反撃を受けることなく絶命してしまう。

母親がいなくなったことが理解できないかのようにきょとんとするミニドラゴンは、ユーノが家に連れて帰ることが決定。「クンクン」と名付けられ、こちらもすくすくと成長する。

シナリオ上、可愛げ命です

クンクンを連れて帰る途中、崖の上に人影を見るたくや。追いかけると、砂漠を馬のような乗り物で踏破していく様が目に入る。帝都人や有翼人であれば砂漠を踏破できる、という前置きです。

セーレスとユーノとの家族愛を眠れない夜を舞台に描いた後で、場面は変わって帝都データセンター(所在地不明)。さっきの人影が調査隊だったようだ。たくや一行の再調査を命じる神帝。

IBMがHALだとすると、こいつはGZK(読めない)

途中でボーダーのモンスターが人語を話す描写が挟まれる。これ、伏線です。しかし日本語話者であるところのたくやが、デラ=グラントの言語体系に疑念を挟んだ描写ってあったっけ。原作でもこうだったっけ?

帝都兵による巫女の救済

ユーノ&クンクンとピクニックに出かけるたくや。帰ろうと家の方に目を向けると、あの馬車っぽいものが駐まっている。これで砂漠を越えられるかも!と期待して急いで戻るも、家の中が騒々しい。

ズギャァァァーン(と原作では鳴った気がする)

原作では胸糞展開なのだが、全年齢の限界なので「大人しくしてください」とセーレスを組み敷きながらも丁重に扱う帝都兵。適切な範囲でチェックをしているのだろう。

「たくや!、逃げて!!」と絶叫するセーレス。「声まで!」と驚く帝都兵。巫女の貞操は完全に失われた=世界滅亡、ということで激怒する帝都兵。

原作だと…

20話は「ラファエロ砂漠へ」

19話はセーレスの絶叫でエンド。次回はいろいろあってラファエロ砂漠を目指すことになるたくやなはず。聖なる石を掘り出している採石場にたどり着いてなんやかんやあるところまでやるかな。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO Blu-ray BOX 第1巻(初回限定版)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
長岡康史氏の書き下ろし化粧箱とか懐古すぎる

コメント

タイトルとURLをコピーしました