アニメ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」感想 塔バトルの始まり

始まりました塔バトル、Web版読者には新鮮 ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO) 第14話「紅蓮の騎士」の視聴感想は、「2期1話にしてはだるい」という感じ。アドミニストレータが待つ塔の頂上へと向かう連続バトルの初戦と次戦の敵のチラ見せで終わる。ネタバレ回避のあらすじは以下。 ...
ドラマ

相棒17 第10話「ディーバ」感想 払底する大物政治家

相棒17の元日スペシャル第10話「ディーバ」は、大物政治家を追い詰める特命係…と思わせておいて、最後にゲストが大団円を演出するというおなじみのスペシャル回。脚本家は女の闘いを描くのがお得意な太田愛氏だった。 存在感、あえて薄めの特命係 ネタバレ前に、あらすじは以下。 年末の朝、...
アニメ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」感想 閃光のアドミニストレータ

1期最終話はアドミニストレータとカーディナルの深堀り回 ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO) 第13話「支配者と調停者」は、アドミニストレータとカーディナルの戦闘シーンを挟み、世界を調停しようとするカーディナルとその仲間たち、そして主に初見の視聴者が塔バトルを理解するための準...
家電

2018年に買って後悔した家電レビュー~シロカの全自動コーヒーメーカー「SC-C111」

シロカ全自動コーヒーメーカー、三つの弱点 シロカの全自動コーヒーメーカー「SC-C111」を買った。パナソニックの「NC-A56」の後継として選んだのだが、基本的に詰めの甘い製品だった。 いかにパナソニックが細部にまで心を砕いた設計になっていたのかが分かったのは収穫だった。あとマキネッタ美味...
アニメ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話「図書室の賢者 」感想 アドミニストレータ爆誕

アドミニストレータと整合騎士の生い立ち説明回 ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO) 第12話「図書室の賢者」は、当面の敵である最高司祭アドミニストレータのネタバらし回。ネタバレ回避のあらすじは以下。 キリトとユージオは、地下牢の脱獄に成功するも、アリスの命令により待ち伏...
日用品

JINSで「薄いレンズがほしい」と言い出せないのを何とかしたい

眼鏡のサブスクリプションサービスが始まるらしい。ただレンズだけであれば、すでにネットで簡単に交換できる。JINSのように5000円でレンズを交換できる店もあるが、「とにかく薄いレンズがいい!」と店頭で主張できない自分にぴったり。たまにアウトレット品としてグレードの高いレンズが安く出ていたりする。 ...
アニメ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第11話「セントラル・カセドラル 」感想 この伏線が次に生きる

オーシャン・タートルとアンダーワールドの伏線置きまくり回 ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO) 第11話「セントラル・カセドラル」は、中央都市の尖塔セントラル・カセドラルで待ち受ける試練と突破の伏線を置きまくるステップ回。ネタバレ回避のあらすじは以下。 《禁忌目録》に違...
ドラマ

相棒17 第9話「刑事一人」感想 伊丹&元日SPへの伏線回

相棒17の第9話「刑事一人」は、ネオナチ風情の若者、派遣切り、外国人排斥、といった日本の今を、伊丹を武器に俯瞰して描く社会派回だった。正義を伊丹に与えることで、周りの人間はこの問題を冷静に俯瞰できる。受け手にとっては、サイコパス断罪系のスッキリ回にも見え、根っからの悪人はいないというボーダーライン回...
アニメ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話「禁忌目録」感想 Web版の説得力は

コード871と青いオジサン ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO) 第10話「禁忌目録」は、ロニエとティーゼに対する胸糞展開と天命を削いではならないという禁忌を小道具に、ユージオの限界突破と再会を描くジャンプ回。ネタバレ回避のあらすじは以下。 ソードアート・オンライン ア...
ドラマ

相棒17 第8話「微笑みの研究」感想 TRICKか

相棒17の第8話「微笑みの研究」は、何を言ってもネタバレになるという回。軸は研究倫理だろうか。演出ないしは演技に難があったが、構造のしっかりしたお話だった。 ネタバレ前に、あらすじは以下。 人間の心のメカニズムを総合的に研究する認知科学の権威である大学教授が心臓麻痺で死亡した。一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました