デロンギ全自動エスプレッソメーカー ECAM22112 レビュー

家電

デロンギの全自動エスプレッソメーカーに手を出してしまった。スリムでそこそこ安い「ECAM22112」のホワイトだ。きっかけは、マキネッタでのやけど。我に返ったら気絶していた(日本語)。

小さくて白い

買ったのは、Amazonか直販限定のこれ。

マキネッタの弱点、火の気

これまで、直火で沸騰するお湯の圧力で抽出するマキネッタで美味しくコーヒーを飲んでいた。

エスプレッソメーカー 直火用 サポートリング  丸型 9802
ストリックスデザイン(Strix Design)
大抵のガスコンロでは4カップ版以下のマキネッタでは不安定になるので、必須

ただ火加減を誤ると、突沸して周りにコーヒーが飛び散る。軽く拭き取ればそれほど問題ではないが、うっかり五徳に手を押し当てて火傷してしまった。火傷の痛み=プライスレス。

マキネッタよりむしろ手入れが楽

到着したマグニフィカSは、思ったより小さい。ソーダストリームと並べるとこんな感じ。

手入れも楽だ。豆をホッパーに入れ、水タンクに水を補給。電源投入後は自動クリーニングでお湯が出るので、下に落ちていくのを眺めるか、適当なカップで受ける。

「ECO」と付いているのは、余熱が無い状態。湯沸かしの時間が若干伸びるが、気になるほどではない。ファミレスの業務用エスプレッソマシンの前で所在なげになる、あの時間くらい待てばよい。

今からコーヒー飲んだら眠れなくなっちゃう!という時間になったら水受けトレイを粉受けと一緒に外し、水と粉を捨てるだけ。高温・高圧で抽出した後の粉なので、わりとサラッとしていて捨てやすい。

一方、マキネッタは湿った粉がべっとり張り付くので、台所で洗うと排水周りがコーヒーの粉で油っぽくなる。

ただコーヒーの味という観点では、マキネッタの方がうまい。エスプレッソマシン、おそらくカフェインが少ない。飲んでもカフェイン取り過ぎの症状が出ない。それぞれ違う方向のうま味だ。

あとは毎日10杯いかないくらい飲んで、機械としてどれくらい正常に動き続けるか。怪我はしなさそうな作りなので、少なくとも後悔はしないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました