無職転生 第11話「子供と戦士」ネタバレ感想 1期終了、2期はよ

冒険は、続く――

無職転生の第11話「子供と戦士」の感想は、良い最終回だった、に尽きる。ルディとエリスそしてルイジェルドの結束と、ロキシーとタルハンド、エリナリーゼの捜索パーティの結成とで、2期以降への期待を煽る。特にロキシーの表情とエリスの剣戟は力が入りまくりの作画で、到達点の高さが印象的だった。

ネタバレ回避のあらすじは以下。

ルーデウス、エリス、ルイジェルドがギルドの魔物調査の依頼で石化の森へ向かうと、そこには同じ依頼を受けた2組の冒険者がいた。早い物勝ちで依頼を遂行しようとする中、ルーデウスはある判断を迫られる。一方、ロキシーは転移事件が起きたフィットア領にあるルーデウスの家を訪れるが…。

https://mushokutensei.jp/story/11/

フィットア領にたどり着いたロキシー

アバンはフィットア領にたどり着いたロキシーから。町が姿を消し、難民キャンプと化したその様子に絶句する。

伝言板を確認すると、死亡者リストにルディたちの名前は無く、行方不明扱いのようだ。ほんの少しだけ安心するロキシーの背後で、パウロについて何か話しているドワーフとエルフ。アニメ版ではまだ名前は出てこないが、ドワーフはタルハンドで、エルフはエリナリーゼ・ドラゴンロードという。

この伝言板にある、パウロからルーデウスへのメッセージをモノローグで流しながら、特殊オープニングが進む。

  • モノローグの内容は、以下の通り。
  • パウロはノルンと一緒
  • ゼニスとリーリャおよびアイシャは行方不明
  • パウロはゼニスの実家があるミリス大陸をまず捜索する
  • ルディには中央大陸の北部を探してほしい
  • かつてパウロとパーティーを組んでいた黒狼の牙メンバーに協力してほしい
  • 連絡先はミリス大陸ミリシオンのパーティ名「ブエナ村民捜索隊」、クラン名は「フィットア領捜索」

このモノローグを背景に、依頼をこなして冒険者ギルドに出入りするルディたちの姿が描かれる。

前回からの続きで、ルイジェルドが悪党と呼んだ輩と組みギルドの依頼のすり替えをしているので、ルイジェルドは不機嫌そう。ルディたちは上位の依頼を受けられるとはいえ、ギルドの規約違反である。

子供から戦士へ

Aパートは、依頼先でギルドにいたオークとクルトたちと出会うところから。ギルドの依頼がトリプルブッキングしたようだ。同じ原因の排除や探索を、それぞれの依頼主が別の切り口から依頼したことで、複数のパーティがそれぞれ別の依頼として受けてしまう。

クルトたちはまだ子供のパーティなので、心配だから手伝おうというルイジェルド。この提案に対してルディは及び腰だ。なにせ悪名高いスペルド族ゆえに、なるべく目立つことはしたくないという。

そこで折衷案。クルトたちを後ろから尾行してピンチの時に助けることにする。が、早速ピンチに陥るクルトたち。ルイジェルドは助けに入ろうとするが、ルディは止める。参謀気取りで。

その目の前を、クルトパーティーの一人が魔物に吹き飛ばされ、絶命した死体として舞う。

即座に助けに入ったルイジェルドは一突きで致命傷を与え、エリスも危なげなく魔物を討伐する。

なぜ止めた!とルイジェルドはルディに対して激怒。エリスは何とも言えないような顔をしている。

そこに

「俺たちは子供じゃない、冒険者だ」

と言い放つリーダーのクルト。冒険者として死も覚悟していたものの、依頼の難易度を見極められなかった自分の責任だと崩れ落ちる。

ルイジェルドは何かに気づいたように態度を改める。クルトたちを戦士と認めた以上、庇護すべき子供ではないからだ。

A級の魔物に苦戦するルディたち

森の奥ではさらなる激戦が。レッドフードコブラなる魔物にさっきのオークが食されている。助けようとしたルディの魔法は避けられ、ルイジェルドの斬撃もダメージこそ与えるものの反撃を受ける。エリスの剣は通らない。

ルイジェルドが動きを止めたところに、エリスが胴を両断。そこにルディが岩砲弾で止めを刺す。魔物の死を確かめ、エリスは狂喜乱舞する。

遅かったな、と言うルイジェルドの方を見ると、さっきのオークが絶命していた。

ギルドの依頼交換がノコパラにバレる

Bパート、意気消沈してリカリスの町に戻ったルディたち。またノコパラが絡んでくる。ギルドの依頼を交換し合っていたジャリルたちが、ノコパラに不正を吐いてしまったようだ。言い逃れができる不正ではなく、ギルドへの口止め料を強請ってくるノコパラだった。

さっきのクルトパーティの件もあり、自分の策が裏目に出てばかりだと独り言つルディ。いっそすべてを無かったことに、と覚悟を決め水聖級魔法を無詠唱で発動しようとするルディを前に、ルイジェルドは自らの頭に水をかける。

染料が水で流れ、緑の髪の色があらわになる。途端に、デッドエンドッ…!と驚愕するノコパラ。「町は出ていくが、このことは忘れろ。次の町で冒険者資格が剥奪されてもいたら…わかるな?」とルイジェルドに脅され、槍で顔を薄く切られ気絶する。

デッドエンドの姿を前に、さっき助けたばかりのクルトもまた激しく怯える。その様子に失望し、スペルド族への悪評を無くそうとした自分の浅はかさを呪いつつ、町を出るルディとエリスだった。

デッドエンドの旅の始まり

ルディは反省の弁をルイジェルドに伝える。しかしルイジェルドは責める様子はない。

ルディがノコパラを始末しようとしたときの覚悟が伝わったようだ。「守ろうと必死なだけだったのだな。守るべきものがあるお前は戦士だ」とルディの行動を認める。

ルイジェルドはルディに、スペルド族の悪評を消すのは置いておいて、守るべきもの――エリスだ――を守れと、と伝える。

オチは丸坊主のルイジェルド。髪の色が悪いので、いっそ剃ってしまえ、となったらしい。もう一つのスペルド族の特徴である額の魔眼を隠せるだろうと、ルディは鉢巻をルイジェルドに渡す。

わだかまりが解消し、「作戦会議を始めようと思います。目標は、アスラ王国!」というルディの宣言でエンディングに突入だ。

旅の始まりを告げるエンディング

エンディングは旅を続けるルディたちの姿。エリスの水浴びシーンや着替えシーンで円盤向けのサービスシーン…ではなく、ルディの下衆アピールが続く。

高台から港町を見下ろすシーンで特殊エンディングは終了。

そしてCパートは、船に乗るロキシーとさっきのドワーフとエルフ。

Cパートは作監修正の余裕は無かった模様。

1期終了!無職転生の2期はいつ?

最後に見えた港町はウェンポート。原作の4巻から始まる冒険の舞台だ。

2期を楽しみに、というエンドカードで一期は終了だ。

分割2クール、なので2期は意外と早く来るんだろうか。このためのアニメスタジオなので、資金を確保しつつ前進していただきたい。

2期は2021年10月3日から放送開始!

ちょっと不安だった2期の制作。いつになるかと心配していたが、無事に進んでいるようだ。放送開始は2021年10月3日、前と同じ日曜の夜とのこと。

2期の放送開始日が決定

制作がつまづくとすれば何かしらの炎上だろう。無職転生で最大の炎上ポイントは本編終了後のアイシャ編なので、まあ問題ない。アイシャ編、もう公開してないし。

アイシャ編は1話の伏線回収という正にラストエピソードで、しかもアニメ版はその伏線を排していない。OVAならいけるのか…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました