無職転生

アニメ

無職転生 第14話「只より高いものはない」ネタバレ感想

無職転生の第14話「只より高いものはない」は、密輸人の手助けをしたツケが返ってくるルディを中心に、今後の重要人物が華々しく、そしてサラッと出てくる割と重要な回だ。牢獄で出会ったサル顔のギース、ラストシーンでカットインするアスラ王国の面々は今後の布石となる。
アニメ

無職転生 第13話「すれ違い」ネタバレ感想

無職転生の第13話「すれ違い」は、フィットア領に戻ろうと魔大陸を出るルーデウスたちと、魔大陸を捜索しようとするロキシーたちが行き違いになる回だ。お互いの意図がすれ違ったところで終わる回でもある。いちいち説明していては終わらない大河原作を、アニメ版ならではの演出でテンポよく消化していく。
アニメ

無職転生 第12話「魔眼を持つ女」ネタバレ感想

無職転生の第12話「魔眼を持つ女」は、ルディが魔眼を手に入れるエピソードを軸に、物語の展開を期待させる港町の豊かさ、ロキシー一行とのすれ違い、ルイジェルドとの絆の強まり、などを一気に詰め込んだ2クール目のオープニング回だ。アニメ初見組を切り捨てるかのように急ぎ足で話が進んでいく。
アニメ

無職転生 第11話「子供と戦士」ネタバレ感想 1期終了、2期はよ

無職転生の第11話「子供と戦士」の感想は、良い最終回だった、に尽きる。ルディとエリスそしてルイジェルドの結束と、ロキシーとタルハンド、エリナリーゼの捜索パーティの結成とで、2期以降への期待を煽る。特にロキシーの表情とエリスの剣戟は力が入りまくりの作画で、到達点の高さが印象的だった。
無職転生

無職転生 第10話「人の命と初仕事」ネタバレ感想

無職転生の第10話「人の命と初仕事」では、ルディたちが冒険者として生活を始める。冒険者は敵を倒すのが仕事だ。敵が人なこともある。ルイジェルドとエリスはともかく、殺人が悪の前世を持つルディにとっては許容できない。その折り合いを付けようとする心理を描いた、割と繊細な回だ。
無職転生

無職転生 第9話「邂逅」ネタバレ感想 スペルド族の真実と無職

無職転生の第9話「邂逅」は、魔術師としてのルディが魔力災害でエリスと共に魔大陸に転移し、また新しい人生を歩み始める第二の転生と言える回だ。異世界転生モノではもはや定番の神様(自称)のヒトガミも登場。転移後の命の恩人であるルイジェルドと共に、中央大陸のアスラ王国に戻るというロードムービーの始まりである。
無職転生

無職転生 第8話「ターニングポイント1」ネタバレ感想 第一部~完~

無職転生の第8話「ターニングポイント1」では、転生して真っ当(前世比)に生きるルディの日常が終わる。今後の物語をドライブする重要人物が次々と世界の異変に気づき、行動し始める。あっという間に展開する話を、練られた脚本と相変わらずの神作画で一気に描いた、ひとつめの「最終回」だ。
無職転生

無職転生 第7話「努力の先にあるもの」ネタバレ感想 剣と舞の神回

無職転生の第7話「努力の先にあるもの」は、ルディとエリスの才能をアニメ―ションで描き切るという神回だった。剣の稽古で、エリス10歳の誕生会でのダンスで、強い、巧い、と思わせる説得力のある作画にビビる。ロキシーに燃やされるパックス王子も良い。
無職転生

無職転生 第6話「ロアの休日」ネタバレ感想 アニオリ要素の布石

ジェットコースターの上り坂のような日常 無職転生の第6話「ロアの休日」は、ボレアス家の令嬢エリスの家庭教師となったルディの日常を描くつなぎ回。この世界の物価や現実と地続きの神話が語られ、おそらく8話で出てくる空中城塞の存在が明らかになる。 ネタバレ回避のあらすじは以下。 誘拐事件...
無職転生

無職転生 第5話「お嬢様と暴力」ネタバレ感想 エリスの約束

無職転生の第5話「お嬢様と暴力」は、死と隣り合わせの世界を体感できる神回だった。斬られそうになったバクバク感。すんでのところで助かった安堵感。そしてヒロイン3のエリスの凶暴さと律儀さの共存に感じるバランス感。こんな気持ちになる演出が1話にまとまっているというアニメはそう多くない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました