Pavilion dv6-7000にmSATAのSSDを増設・改造した

超絶円高の時に買ったHP Pavilion dv6-7000/CT。2012年物ながらフルHDのIPS液晶でCore i7で、SSDの投入だけでもう6年現役。引退の気配は無い。ただCPUファンの寿命からは逃れられず、掃除したり交換したりしている。その時に気になるのが、空いているmSATAのスロット。Windows 7からのアップグレードで済ませていたWindows 10をクリーンインストールするついでにこちらをメインドライブにすることにした。

dv6のmSATAはHDDを高速化するIRST用だが、UEFIでIRSTを無効にすれば普通にメインドライブとして使える。

Amazon.co.jpを覗いてみると、TC-SUNBOW製とDogfish製が240GBで7200円前後と目に入ってくる。DRAMキャッシュを積んでいない分安い、いわばジェネリックSSD。どうせコントローラーは同じだろうと注文してみたら、どうも世代が違うようだ。

まず、Dogfishからベンチマークテスト。定番のCrystalDiskMarkで設定値はせっかち仕様。

まあまあだが、少しシーケンシャルライトが公称値より遅め。

続いてTC-SUNBOW。

こちらは公称値に近い。現時点のDogfishよりはこっちのTC-SUNBOWを買うのが正解ではないか。

Dogfishはどうせ売り切れてるし…

もちろん1万円出せるならサムスン買った方が幸せではある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました